« 『ベルリン陥落 1945』その2 | Main | 『熱情 田中角栄をとりこにした芸者』 »

October 10, 2004

地獄ラーメン、大貫カメラ、ブルックナー7番

 台風一過で蒸い暑いのもイヤだが、今日みたいな肌寒い曇り空も気分がでない。とりあえず散歩にでも出るかということで、向かったのは「地獄ラーメン田中屋」。恵比寿の飲み屋さんで、「トライしてみてくださいよ」と言われていたのを思い出した。

 市営地下鉄の三ツ沢下町まで歩き、そこから最寄の阪東橋駅へ向かう。途中、やたら山側から歩道に水があふれていた。昨日の豪雨の影響だろう。そんな中、やたらお年寄りの方たちがリュックを背負って歩いている。朝日新聞の旗もところどころに張られていて、歩こう会みたいなもんなんだろう。ここら辺は旧反町川の跡地に造られた「三ッ沢せせらぎ緑道」がある。緑道は横浜市営地下鉄の三ッ沢下町駅と三ッ沢上町駅を結ぶ約1.7kmの区間。ルートワンと平行して走っているとはとても思えないほど静かなところで、湧き水を水源にしたせせらぎが流れている。なんでも、この水は地下鉄にしみ出した地下浸透水を貯水、浄化して人工的に流しているとか。

「地獄ラーメン田中屋」神奈川県横浜市中区曙町3-42

 ということで、三ツ沢下町駅に降りて阪東橋駅へ。阪東橋駅は2番出口から出て、大通り公園を関内の方へ。公園内も折れた木々が目立つ。5分ほど歩くと「地獄ラーメン田中屋」に到着。さすがに短いとはいえ行列ができている。看板メニューの「地獄ラーメン」(800円)は、入門、初級、中級、上級、極上級1、同2、同3と豆板醤ベースのタレの量で7段階の辛さを選べる。何事も中庸にをモットーしているので、もちろん中級をオーダー。出てきたラーメンは赤いスープにたっぷりの白ネギが盛り付けられているフォトジェニックな仕上がり。

 麺はやや太の縮れ麺。具はワカメ、のり、チャーシュー。スープを一口すすったが、やや印象がハッキリしないので、豆板醤とニンニクをたっぷり目に投入して調整。これで俄然旨くなった。揚げネギを自由にふりかけられるのもいい。豆板醤をたっぷり目に入れてしまったということもあるが、家系のトンコツ味のスープを四川のピリ辛風味に仕上げましたみたいな印象。悪くはない。
jigoku_ramen_tanaka_ya.jpg

 ごちそうさま、と店を出たら、下のカウンターに本を忘れているのに気がつく。『熱情 田中角栄をとりこにした芸者』辻和子を忘れてしまっていた。いかんいかん。

 ということで関内目指して歩く。歩く。なんか瀬戸物市みたいなのをカレー博物館の前の商店街でやっていた。覗いてみるがあまり欲しいのがなかったので、中古カメラの「ミヤマ商会」を覗く。Nikon F4が安くなっている。ヤフオクあたりで1台買おうかな、みたいな。

 ここからさらに野毛に向かう商店街はわりと好きだ。半分ぐらいはシャッター街になっちゃっているけど、途中で新しい店なんかも出ていたし、復活を願う。

 野毛では「大貫カメラ」を覗く。一時と比べてLeicaのキレイな出物が目立つ。売れなくなって、しっかりメンテとかやるようになったのかな。などと思いながら外にでるとポツリポツリ降ってくる。横浜まで歩くのはやめにして桜木町から京浜東北線で横浜へ。Tower Recordsでベーム/WPOのブルックナー7番を購入。

 『ベルリン陥落 1945』で、デーニッツ元帥がヒトラーの死亡と自分が後継者になったことを発表した際、重大発表があるという予告で流されたのがワグナーの葬送曲とブルックナーの第7交響曲だったという(p.564)。7番の第2楽章アダージォは師であるワーグナー(まったく曲調などは似ていないが)の訃報に接した直後に書かれ、まるで葬送行進曲のように終わるが、おそらく流されたのはこのアダージョだと思う。全部流すと1時間以上かかるし(ベーム盤は66'25)、「電力不足のため、ベルリンでこのニュースを聞いた人はほとんどいなかった」(p.564)というが。

|

« 『ベルリン陥落 1945』その2 | Main | 『熱情 田中角栄をとりこにした芸者』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1642389

Listed below are links to weblogs that reference 地獄ラーメン、大貫カメラ、ブルックナー7番:

» 地獄ラーメン初級 [まろまろ記]
友達に夜のドライブに誘われたのでおでかけ。一瞬だけ東京湾花火大会の花火を首都高... [Read More]

Tracked on February 08, 2006 at 11:34 AM

» 地獄ラーメン初級 [まろまろ記]
友達に夜のドライブに誘われたのでおでかけ。一瞬だけ東京湾花火大会の花火を首都高... [Read More]

Tracked on February 16, 2006 at 03:16 AM

« 『ベルリン陥落 1945』その2 | Main | 『熱情 田中角栄をとりこにした芸者』 »