« 「中本」全メニュー制覇への道#7 | Main | B級グルメ机でランチ篇#2「ベトナム風サンドイッチ」 »

October 07, 2004

アジアユース 日本2-韓国2

 日本はアジアユースで初失点。真ん中に上がってきた8番を抑えきれずに1点を決められる。その後FW2人を投入して4FWで同点を狙いにいき、ロスタイムで同点。延長も押し気味だったが、左へのロングボール1発から、中に切れ込まれて先行を許す。そして、もうだめかと思った延長後半に平山が同点ヘッド。

 よく追いついたもんだ。しかも二度までも、ギリギリの時間帯で。

 PK戦は、2試合連続で120分を戦った疲れもあったんだろうけど、増嶋も北斗も平山も軸足がブレていたような気がした。PK戦によって決勝戦に残れなかったのは仕方ない。3人が外したことによって、4人が蹴り終えた時点で終了となったが、ここまで蹴った日本人選手は市船と国見の選手だけだった。

 市船といえばカレン・ロバートはすごい運動量で、さすがに延長になってからは消えたけど、素晴らしい選手なんだなと再認識させてもらった。

 日本のU19はどんなに追い込まれていても、短いパスをつないでいく。そんなサッカーをもどかしいと感じる時間帯もあったが、逆に、相手にとってはとてつもなくイヤなサッカーなのかもしれないと思った。

|

« 「中本」全メニュー制覇への道#7 | Main | B級グルメ机でランチ篇#2「ベトナム風サンドイッチ」 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1614677

Listed below are links to weblogs that reference アジアユース 日本2-韓国2:

« 「中本」全メニュー制覇への道#7 | Main | B級グルメ机でランチ篇#2「ベトナム風サンドイッチ」 »