« CL Group B マドリーvsローマ | Main | ABCの広告 »

September 30, 2004

ABCの復活

 青山ブックセンターが復活した。7月のまさかの閉店から、多くのファンによる再建の要望、そして洋販の支援が実を結び、洋書のセールを経て、2004年9月29日午後2時、再び書店として店は開かれた。つまんないことを言うようだが、プロ野球の球団縮小を阻止したのも、ABCが復活したのも吉本さんの語るような「消費資本主義」の段階に日本の社会が入ったからだと思う。事業の存続を決めるのはサプライヤーではなく、消費者なんだということを改めて感じさせられた。とにかく近頃、こんなに嬉しかったことはい。

 しかも、六本木店は確実に閉店直後の状態よりも良くなっている。その理由はあまりにも単純かもしれないが、人文書のコーナーが元に戻ったこと。「六本木ABCがなんかおかしい…」と決定的に思ったのは、中2階の一番広いスペースをとっていた人文書のコーナーがビジネス書に変わったときからだ。それが、元のスペースに戻った。これは洋販の英断だと思う。人文書と美術書に特化する方針、というのはどっかで読んだが、まさか本当にやってくれるとは思わなかった(ありがとうございます)。

 ということで、昨日は祝儀がわりに5冊ほど購入。ルイ・アルチュセール『愛と文体 I II』、中野孝次『セネカ 現代人への手紙』、網野善彦『『忘れられた日本人』を読む』『歴史の話』。

 アルチュセールのこの本は、愛人だったフランカへの500通のラブレターをそのまま集めた本。恥ずかしながら、この本が藤原書店から出版されていたということすら、知らなかった。カーサみたいな書店があることの幸せを感じる。

 チラッと読みつつ帰ったが、ABC復活にふさわしい一文を見つけたので紹介する。

 「元気にしてるか、ボケナス女?僕はいま読んでいる、いわゆる読書っていうやつだ。すばやくも深い読書、刻一刻眼に付くものに反応し、思いつく考えを逃さぬようメモをとりながら読んでいる-このスベタどもときたら、ペンよりも速く逃げていってしまうこともあるのでね!-一冊の重要きわまりない本を。重要きわまりない、なぜなら大評判をとっている本だから、重要きわまりない、なぜならもろもろの理論的理由から最高に僕の興味を掻き立てる本だから、重要きわまりない、なぜならかつての教え子の一人が書いた本だから(ただしそこに僕の影などまったくないことはすぐに言い足しておかなくてはならない!)重要きわまりない、なぜならたぶん僕だけが(元教え子という事情が一枚噛んでいることもその理由の一部だが、しかしまた、最近の僕の頭を駆け巡っているテーマにかかわる様々な理由のせいでもある)その本についてまともで大切ななにごとかを書けるほぼ唯一の人間だから。問題の本とはミッシェル・フーコーのその、『古典主義時代の狂気の歴史』(プロン社刊)と言う」

 人はいろんな理由で読書をする。その読書を支えてくれる素晴らしい書店があるということは、なんて「有難い」ことなのか、と改めて思う。

それにしてもフランカのなんと美しいことよ!アルチュセールがこういう人を好きだったんだ、というのがわかった口絵だけで、この本の価値はあったな。
ABC_returned_040929.jpg

|

« CL Group B マドリーvsローマ | Main | ABCの広告 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

乙でした。週末までには行ってきます。

Posted by: 7号 | September 30, 2004 at 11:30 AM

残念ながら去られた方もいますが、懐かしい顔に毎日会えて嬉しいっす。

つか、本当に生活のリズムが取り戻せる感じがする。毎日、飲みすぎていたのですが、これで酒量も少し減らせそう。

まったくABCはフィジカルにもメンタルにも効いてくれます。ありがたい。

Posted by: pata | October 02, 2004 at 11:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1555559

Listed below are links to weblogs that reference ABCの復活:

» 【258】 pataさんの愛のABC [♯葉っぱがアフォード♪阿呆ダンス♪♪]
愛と文体―フランカへの手紙1961-73 (1)藤原書店このアイテムの詳細を見る “酒とサッカーと本”のpataさんが、新装なった六本木ABCより、情報発信して... [Read More]

Tracked on September 30, 2004 at 08:32 PM

« CL Group B マドリーvsローマ | Main | ABCの広告 »