« 東京B級グルメ#75「香鬻樹」 | Main | 『東と西の語る日本の歴史』網野善彦 »

September 14, 2004

『のだめカンタービレ 10』

『のだめカンタービレ 10』二ノ宮知子、講談社コミックスキス
 もう9巻が出てから3ヵ月もたってしまったんだろうか。待望の10巻が出たが、なんか普通のラブコメになってきたようで、いささかガッカリ。

 最初に教えてもらったときには1巻から8巻を一気に読めたので「こんなに面白い読みモンってそうはないな」と思ったのだが、次の9巻の時にはラブコメ調があらわになって、10巻で決定的となったような。連載の方も、9/10は落ちてしまったようだし、パリを舞台に描くというのは、1年ぐらい、準備しないとムリなんではないだろうか。ちょっと心配。

 にしても、コンクールの冠名がマラドーナ、ブッフォンにプラティニかぁ。次はクライフを望みたいが、クライフは観てないだろうな…。それとも親交があるというシンジ・オノになるのだろうか。
nodame_c10.jpg

|

« 東京B級グルメ#75「香鬻樹」 | Main | 『東と西の語る日本の歴史』網野善彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

どーもです。
僕の場合は1〜9巻を一気読みだったので,9巻で急にラブコメ調って感じはしませんでした。あのへんはいずれは通らなきゃいけない道だったと。10巻はこれからですが,今後は一冊ずつ待たなきゃいけないのがつらいところです。

Posted by: ALGOL | September 17, 2004 at 04:40 AM

どーも!
>今後は一冊ずつ待たなきゃいけないのがつらいところです

確かに…3ヶ月に1冊ですもんねぇ

Posted by: pata | September 17, 2004 at 07:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1431982

Listed below are links to weblogs that reference 『のだめカンタービレ 10』:

» のだめ パリ留学編~人間は負けて大きくなっていくんですよ!!のだめのように [百鬼夜行]
のだめカンタービレ #10 (10)講談社コミックスキス 今回は大きな絵でどう [Read More]

Tracked on September 24, 2004 at 03:18 PM

« 東京B級グルメ#75「香鬻樹」 | Main | 『東と西の語る日本の歴史』網野善彦 »