« 選手会のスト支持! | Main | 巨人よ、しっかりしろ! »

September 18, 2004

選手会スト3題

 スポーツ新聞はいつもFC東京を応援してくれているトーチューを買っているのだが、その中で、サッカーの川渕キャプテンが根来コミッショナーを批判していた。日本の2大プロスポーツ機構の代表者が、もう一方の代表者を批判するというのは珍しいのではないか。川渕キャプテン曰く「コミッショナーには本当に腹が立つ。野球界のことを思っていないし、責任者としての地位を果たしていない、門戸開放やドラフトの見直しを言っているときに何を2006年からのことを言っているのか。時代はスピードを要求している。来年のことをどうするかやらなきゃいけない」(コメント全文)。

 あまりキャプテンのことを持ち上げると、サッカーのことについて書いているヤツらから文句が来るのだが、正直な感想を書くと「根来コミッショナーみたいなのが日本サッカー協会に天下りしてこなくてよかったな」と思う。スポーツは大衆のものだし、その大衆が何を望んでいるかを考えないで、わけのわからない紙切れ一枚を丸投げして、それが受け入れられないから辞任だなんて、無責任もほどがある。こんなことで、退職金をもらうつもりなのか。Y社以外のマスコミは必ず問題にするだろう。

 また、オーナー側が損害賠償を求めている点に関しては「ストは合理的な範囲であり、NPB側は損賠は行わないだろう。逆に試合が行えないことで、放映権を持つテレビやスポンサーからNPB側が損賠を請求されるのではないか」というスポーツ問題研究所の辻口信良弁護士の意見が最大公約数だろう。トーチューでも前田政宏専大名誉教授は「先週の合意事項に基づくと、第2項で『NPBは新規参入球団の加盟の促進を積極的に検討する』とあります。にもかかわらず『新規参入は06年から』などと後から枠をはめるのはおかしい、それに対する労働者側の抗議ストといえるでしょう。違法性は問えない」と語っている。

 選手会は「近鉄選手の自由契約扱い」という労働条件をストの目的としたことで適法性を確保しているわけだが、直前に合意された団体交渉による決定事項に対する違反をも、根拠にできる、というわけだ。

 労働法とか労働争議に関してはあまり詳しく知らない方が多いかもしれないが、経営者側というのは、こういう場合、ダメ元で侵害賠償を行うものなので、経営者が損害賠償請求をチラつかせたからといって、「選手会は大丈夫だろうか」とあまり心配する必要はないと思う。ぼくが知っている範囲で、違法争議で労働組合側が負けたのは、国鉄時代に公務員のストが認められていなかった時代に行われたスト権ストぐらいではないだろうか。しかも、結局、国労も含めて事実上の和解となったと思うし。

 あと、見事だな、と思う意見をひとつ。日本ゴルフツアー機構副理事長も務める倉本昌弘選手が18日、ANAオープン第3日のラウンド終了後、史上初のストライキに突入したプロ野球界について、「選手が働きやすい環境をつくるのが、(経営者の)あるべき姿。選手を脅しているようにみえる」と球団経営者側の姿勢を批判したこと。「選手が働きやすい環境をつくるのが経営者のあるべき姿」。特にロックアウトしている読売の関係者などにはよくかみしめてもらいたいものだと思う。

|

« 選手会のスト支持! | Main | 巨人よ、しっかりしろ! »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1465347

Listed below are links to weblogs that reference 選手会スト3題:

« 選手会のスト支持! | Main | 巨人よ、しっかりしろ! »