« 東京B級グルメ#67「ラージマハール」 | Main | 日中戦で思い出す『サッカーの敵』 »

August 06, 2004

極私的イーストウッド回顧上映会

 フランス人にバカンスって何?と聞いたら「仕事を忘れ、友達と会うこと」という答えがかえってきたことがあった。素晴らしい定義なので、これに沿ってやっている。あまり旅行は好きではないし、「ドッと繰り出した」人たちに巻き込まれるのはつらい。

 来週から1週間の休みに入るが、いつものようにどこにも行かず、家で本を読み、DVDやサッカーの昔の試合を観て過ごし、友だちと会いに出かけること以外にすることは、毎朝、500メートル泳ぐのと

PC再構築(入院中のままんが直ってくれば…)
本棚の整理
ベランダの植物の整理(9月から外壁の大規模改修が始まるため)
おフロ場の照明の配線チェック
DVDレコーダーの中身の整理
オリンピックの男子サッカー緒戦鑑賞会

ぐらいだ。「ぐらいだ」といっても、けっこうある…。

DVDの個人的回顧上映会は冬に続いて、クリント・イーストウッド。冬休みには

1980『ブロンコ・ビリー』
1985『ペイルライダー』
1988『バード』
1990『ホワイトハンター ブラックハート』
1992『許されざる者』

など中期の監督作品を集中的に観たが、今夏は

1997『目撃』
2000『スペース カウボーイ』
2002『ブラッド・ワーク』
1980『ダーティファイター/燃えよ鉄拳』
1966『続夕陽のガンマン/地獄の決斗』

 など後期の監督作品と、前期と中期の主演作にしようと思う。『続夕陽のガンマン/地獄の決斗』は『許されざる者』が捧げられているセルジオ・レオーネ監督の最高傑作、『ダーティファイター/燃えよ鉄拳』は米本国におけるイーストウッド主演作で最高の収益をあげている作品だ。涼を求めて1975『アイガー・サンクション』も観るかもしれないが。
yuuhi_no_gunman.jpg

|

« 東京B級グルメ#67「ラージマハール」 | Main | 日中戦で思い出す『サッカーの敵』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1133834

Listed below are links to weblogs that reference 極私的イーストウッド回顧上映会:

« 東京B級グルメ#67「ラージマハール」 | Main | 日中戦で思い出す『サッカーの敵』 »