« 五輪水泳会場と『遠い太鼓』 | Main | 東京B級グルメ#72「洋食屋大越」 »

August 22, 2004

日々是好日

 土曜日、猛暑も峠を越し、ようやく野球をやっていても楽しめるようになってきた。この日のグラウンドは世田谷区立総合運動場。そう、伝説の2ch大運動会が行われたグランドの横にある軟式野球専用グラウンドだ。両翼はやや狭いものの、よく整備されていて気分がいいグラウンドで、3戦全勝とチームにとっても相性がいい。試合は1回、2回とも3点ずつを獲り、2回を終わって6-0と楽勝ムード。余裕をもってマウンドを譲って、試合も結局7-4で勝利。応援団から指し入れをいただき、ありがたく公園の木陰で対戦相手と一緒に美酒をいただく。Pricelessな時間。写真はメッシュ地の長嶋ジャパン仕様ユニを着て我がチームを応援するマスコット犬2号のCoo(ミニチュアダックス)。

 その後、二子玉川へタクシーで移動して、中庭に陣取り、宴の続き。多摩川では花火大会が開かれるということ。マネージャーさんから「4時すぎぐらいからメチャ込みになりますから」ということで、ぼくはFC東京vs清水エスパルス戦へ。エスパルスの22番、太田圭輔がよかった。引率するサッカー少年が今日から2人に。渋谷のトレセンに出ていて、「このあいだ豊島を8-2でチンチンにしてやった」という東京都トレセンにもいけそうだという子。日本サッカー協会のゴールデンエイジ、U12育成はキメ細かくキチンと行われていることを感じる。関東、できればナショナルトレセンへと登っていってほしい。楽しみだ。味の素スタジアムでは「浴衣&ファイヤーワークスナイト」も楽しむ。花火は音が魅力だ。ドーンという重低音がたまんない。小学生ふたりも楽しんでいた模様。

 日曜日。9月から始まるマンションの大規模修繕の工事説明会が午前中にある。足場を組んで飛散防止ネットで覆うため、工事の終了する12月までスカパーが見られない。欝。ヨーロッパに関して年内はリーガ中心で見ていこうと思う。それにしても、理事に指名されて2年間、ずっと大規模改修工事に追いまくられていた気がする。建物診断、施工会社公募、ヒアリング、会社選定と長い道のりだった。住人に一級建築士の建築家がいたので、いろいろ教えてもらったし、1000万円近いコストダウンがはかれたんじゃないかと思う。説明会終了後は、次期役員改選の手続きなどを話し合う。誰かマンションの管理組合理事の話を書かないかな。現代の日本のひとつの側面がうかびあがってくると思うのだが。

 山口瞳さんの「男性自身」はこの夏手に入れたもののうち『ポケットの穴』『旧友再会』『壁に耳あり』『少年達よ、未来は』『隠居志願』と読み進み、後は『展覧会の絵』を残すだけとなった。文章はいつものように堪能しているが、それよりも「昭和40年代という時代が遠いてしまったな」という印象だ。

 昭和40年代というのは1970年を前後して、まったく違う世界に日本が入ってしまった時代だと思う。そして40年代後半という分水嶺を超えた地平は、今と地続きとなっていると思っていたが、どうも、微妙に違う部分が多くなってきている気がしてきた。いつか、この「感じ」を書いてみたい。
vsHearts_pitch5.JPG

|

« 五輪水泳会場と『遠い太鼓』 | Main | 東京B級グルメ#72「洋食屋大越」 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1250479

Listed below are links to weblogs that reference 日々是好日:

« 五輪水泳会場と『遠い太鼓』 | Main | 東京B級グルメ#72「洋食屋大越」 »