« 『蒙古襲来―転換する社会』 | Main | 讃岐饂飩巡礼紀 その1 »

August 09, 2004

B級限定グルメ#2「六角家のつけ麺」

六角家 横浜市神奈川区西神奈川3-1-5 045-413-0356

 一応、定番メニューには載っているが、けっこうネットを探しても誰も書いてなさそうなので、写真に収めることにした。そう六角屋の「つけ麺」だ。六角屋も有名になりすぎたのか「レベル激落ち」だのやっかみ半分のコメントも増えてきているが、そんなことはない。一時と比べると、旨さの向上度合いこそやや鈍化しているものの、まだ六角屋を越えるとんこつ醤油はそう多くないと思う。

 ということでつけ麺。店内でこれをオーダーしているのは最近2回行ったなかでも、ぼくが始めてだった。みんな熱い普通のラーメンを喰っている。やや不安を覚えつつオーダーを完了(まあ、食券も渡すのだが)。ちなみに、つけ麺の場合「基本的に普通で」ということで味の濃さ、油の加減などに関して好みは通らない。

 ちなみにつけ麺の場合、一杯700円と普通のラーメンよりも100円高い。その訳は、つけ汁に100円の煮卵が入っているから。つけ汁には家系ラーメンのシンボルであるホウレン草と切ったチャーシューがは入っている。また、麺の入ったドンブリには、これまた家系ラーメンのシンボルである海苔が3枚。しかし、全体的に地味な印象がぬぐえない。彩りが乏しいせいか?

 ということでさっそくズズッと食べてみる。麺は心配した通り、ちょっとツルツル感が足りない印象。水の締めも弱い感じ。つけ汁は甘さが強調されている。ひと口すすって、さっそくフレッシュの唐辛子とニンニクを大量投入。味を調えた。全体的には、やや物足りない印象だが、もっと研究すれば旨くなる可能性は高いと思う。スープ割も完飲。つけ麺は普段食べなれているスープが、本当はどういう味なのかを改めて確認する、というような意味もあるんだな、と店を後にした。
Rokkakuya_tsukemen.JPG

|

« 『蒙古襲来―転換する社会』 | Main | 讃岐饂飩巡礼紀 その1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

あ、OH!HOTがあるw。

Posted by: PINA | August 09, 2004 at 08:01 PM

けっこう好きなんだけど家で買うと、血色あまり使わないで気が抜けて終わっちゃうみたいな…

Posted by: pata | August 09, 2004 at 09:05 PM

チューブの売ってませんか?あれだったらすぐ使える。ちなみに幼なじみの曾祖父にあたるかた(だったと思う)がこのOH!HOT造ってる会社の創業者なのです。私が昔住んでいた近所に本社ありますw。インスタントラーメンブームに乗っかってスープ受注で急成長した企業です。

Posted by: PINA | August 10, 2004 at 05:25 AM

おお、今度、それ買ってこよ!サンクスです!

Posted by: pata | August 10, 2004 at 08:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1157935

Listed below are links to weblogs that reference B級限定グルメ#2「六角家のつけ麺」:

« 『蒙古襲来―転換する社会』 | Main | 讃岐饂飩巡礼紀 その1 »