« なぜプロ野球ファンは動かないのか? | Main | 『自分の感受性くらい』 »

July 15, 2004

『美味放浪記』

『美味放浪記』壇一雄、中公文庫
 『わが百味真髄』を読んで、壇一雄さんのグルメ本の面白さに改めて目覚め、Amazonのマーケットプレイスから古本でゲットした。いい。あわせて350頁の文庫本を4:6の割合で前半を日本篇、後半を海外篇にわけて、壇さんが味わった料理、自ら腕を振るった食材について書いている。

 それにしても、この本が書かれた昭和40年代にはキムチはまだ日本では一般的ではなかったようだし、上海蟹なんかも知られていなかったようだ(もちろん壇さんは、それが日本にも生息するモクゾ蟹であることは知っているが)。ぼくたちの食生活、食材というのは高度成長期とバブル期に、どれほど豊かになったのか、と改めて感じた。

 しかし、まだ檀さんの贔屓にしていたスペイン(と一口にはとても言えないのだが)とポルトガル料理に関しては、まだぼくも食べたこともないような田舎料理を紹介しているのは素晴らしいと思う。後はペトルーシカ(петрушка=コリアンダー、中国パセリ、イタリアンパセリ)をたっぷり揉み添えた羊肉のバーベキューの話@ソ連は『わが百味真髄』でも書いているけど、何回、読んでも旨そうだ。

 あと、ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」とこの薬味とは関係があるのだろうか?いろいろ妄想が膨らむ。ソ連(もうないんだよな)の旅行記で面白かったのは、女医さんたちとシベリア鉄道でコンパートメントを一緒にして、飲みかつ喰いまくる場面。女医さんたちとはドイツ語で語り合ったそうな。なかなかやるなぁ。

 とにかく、そんじょそこらのグルメ本を何冊集めたって、檀さんの本一冊のスケールにはかなわないと思う。
bimi_hourouki.jpg

|

« なぜプロ野球ファンは動かないのか? | Main | 『自分の感受性くらい』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ポルトガルにDao(ダン)ってとこがあるのですがワインの産地としても有名ですね。決して洗練されてはいないけど、素朴っていう印象です。
ポルトガルで美味しいのは緑のワインなる名を持つvinho verdeですよ。
これに新鮮な海産物のマリネとか鰯の塩焼きね・・・絶品です。
この味を知ってしまったのでこれだけのためにまたポルトガルに行くと思いますw。

壇さんってポルトガルにお家持ってたんじゃなかったっけ。

Posted by: PINA | July 15, 2004 at 10:13 PM

「初鰹をサカナに飲む銘酒・ダン」という章があります。サカナ旨そうっすね。七輪に炭火をおこして焼鰯でぶどう酒をあおる、とかも書いていました。その章で壇さんが特に気に入ったと書いていたのは「ゴジドー・ポルトゲーゼ」、つまりポルトガル煮でしたが。あと、血を吸う蝿に悩まされながらも「酒ならダン」と口走っていた、と書いてありました。

Posted by: pata | July 15, 2004 at 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/974685

Listed below are links to weblogs that reference 『美味放浪記』:

« なぜプロ野球ファンは動かないのか? | Main | 『自分の感受性くらい』 »