« 東京B級グルメ#61「呉さんの厨房」 | Main | 東京B級グルメ#62「ラーメン中本」 »

July 08, 2004

野球に仮託できるものは思い出しかなくなったのかな

 こんなことをぼくが書いてもしょうがないんだけど、昨日のオーナー会議の模様を伝える報道には滅入った。まるで自分の会社の取締役会と勘違いしているような風情で、世間様の眼を気にもとめないような横柄なオーナーたちの態度にあきれる。

 選手の良心を集めたかのような古田が「悲しいことだなぁ」と語っている姿が切ない。

 ひとことでいえば「理念」がないんだよね。別にうまくいっている時には理念なんて必要じゃないと思うけど、バラッバラになりそうな時には、やっぱり「心の拠りどころ」としての理念は必要だと思う。なんつうか「武士は食わねど高楊枝」の高楊枝にあたる部分。残念ながら日本のプロ野球には感じられない。

 Jリーグには川渕さんお得意の100年構想がある。夢物語だとバカにされようと、理念としては60点はいってると思う。つまり教授からギリギリで「可」はもらえる水準だ。

 確かに日本のプロ野球にいまさらヨーロッパ型の地域密着型のクラブ経営の手法を持ってこようとしても無理だと思う。アメリカのように、リーグがまず存在して、ドラフトで選手をウェーバー方式で均等にふりわけて(今もやっているかどうか知らないけど、MLSなんかは外人選手もリーグが振り分けるらしいし)、フランチャイズで地域独占権を与える、というやり方しかないと思う。

 でも、アメリカ型のやり方を踏襲はしているように見えても、そこは中国から輸入した律令制度を適当に改変したり、アメリカから輸入された民主主義だって擬似的一党独裁みたいにしちゃう日本社会だから、適当に変えている。日本のプロ野球がMLBと違うのは、まずフランチャイズがあってなきがごときものであること(首都圏と関西圏に球団ありすぎ)。あと、ドラフトは骨抜きにされているし、MLBみたいに新規参入はおろか、ライブドアによる経営参加の権利さえオーナー会議という「元老院」みたいなところで拒否されればままならない(ライブドアに対する評価はおいといて)。

 結局、「理念」がないから経営がうまくいかなかったら放り投げるというのもアリだし、合併させちゃうみたいな手法もアリにしてしまう。ファンたちの想いよりも赤字の問題の方が大きいわけだ。それはもちろんアリだけど、そんなところとお付き合いを続けるかどうかの選択は、ファン側に留保されるだろう。

ぼくも、堀内監督へのご祝儀のつもりで入ったG+を止めようと思う。スカパーのメールには、もちろん「読売グループを代表する渡辺オーナーへの抗議」と書くつもりだ。

 首都圏と大阪圏にこれだけチームが集まったのは、高度成長期に根無し草的に地方から集められた労働者に、通勤線沿線で娯楽を与えるためだったのだろうが、「居住区と労働する場所を結ぶ線区に球場をつくってエンターテイメントを与える」という考えが、それなりの役割を果たしたとしても、もう今では無効だと思う。

 アメリカだったら、おそらくドネーションというか地域還元の考え方で、どっかの成り上がりオーナーがチームを引き受けるということもあるかもしれないが、日本では、その考え方も乏しいし、今回のように、新規参入というか新規の経営参入そのものも拒否されてしまえば、どうしようない。

 それにしても、つまらないところに想いをいたすのだが、入院中の長嶋さんに一言いってほしい。ぼくは自分自身が見た全てのスポーツマンの中で、最強なのは長嶋さんだと思っているで(もちろんクライフやペレ、マラドーナなんかよりはるかに上だ。あんな決定機に決めまくった=打ちまくった選手はいない)、その人の言葉が聞きたい。しかし、入院中…。誰かが止めているんだろうか…。まあ、言えないとは思うけどね(寂しい…)。

 野球やってた姿を想像すらできない堤さんとナベツネさんが、野球というこの国の人々が最も愛してきたエンターテイメントの頂上に位置するっていうのは風景として情けない。

もう、個人的に野球は、長嶋さんが活躍した姿を思い出すようなサウダージの対象でしかなくなったな、と思う(こんな言葉を持ち出してきたのはポルトガルのユーロ2004の見すぎだろうが)。

 あとね、思ったのはFIFAにあたる組織がないんよ、野球は。知り合いの小学生の子供がJFAからもらった選手証を宝物のように見せてくれたことを思い出すんだけど、多摩川で野球やってる少年たちには、そんなもんないしね。いまだにアマチュアとプロが別団体だし、学生野球は別、高校野球は別みたいなわけ分からない状態だし。

|

« 東京B級グルメ#61「呉さんの厨房」 | Main | 東京B級グルメ#62「ラーメン中本」 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/926067

Listed below are links to weblogs that reference 野球に仮託できるものは思い出しかなくなったのかな:

« 東京B級グルメ#61「呉さんの厨房」 | Main | 東京B級グルメ#62「ラーメン中本」 »