« 『創価学会』 | Main | 愛犬を拭くなら「除菌45ウェットティッシュ」 »

June 24, 2004

ドイツは20世紀にサッカー運を使い果たしたのか

まさかターンオーバーした2軍のチェコに、真剣勝負に出てきた1軍のドイツが負けるなんて信じられない。昨日などは、某掲示板に「今日は久々にゆっくり寝ようと思う。ドイツがチェコに勝つというか、チェコがドイツに勝たせるのが見えているから」とか書いてしまったが、ハンブルガーSVから返品されたハインツ(FCバニク・オストラバ)の同点FKは見事だったし、後半も流してくるのかと思ったら、しょっぱなから攻めまくり、77分にバロシュに決められてドイツは終わった。

 クラニーなんかが10番背負ってCF張ってるようじゃダメだということだろう。トラップミスが多すぎ。クローゼも今から考えれば94年のサレンコみたいなもんか。

 イタリア、スペイン、ドイツとグループリーグで去った強豪チームを考えると「FWが決められなかったな」という当たり前の結論に落ち着いてしまうが、まあ、そんなもんだろう。不調のCFをカバーするような働きをトッテイもバレロンもバラックもできなかったし。それに、ドイツもイタリアも、これまでサッカーの国別大会では運が良すぎたのかもしれないしね。後半20分過ぎのバラックのシュートがポストに嫌われたのも25分すぎのCKからの攻撃が入らなかったのも、運を使い果たしていたことが原因なのかもしれない(先制点が奇跡のようなシュートだったし)。

 それにしても、ブリュックナーという監督はドイツに恨みでももっているのだろうか。積年の恨みをオレが晴らす、みたいなバロシュとポボルスキーの投入だったし。チェコのサポーターは気分最高だろう。

 一応、当たらないだろうが最終予想をしておきたい(こうしたもんを残しておくのは、自分の至らなさを正確に把握できるので)。

[希望バージョン]ベスト4はイングランド、オランダ、フランス、チェコ。優勝はイングランドでチェコは3回目の準優勝。

[冷静バージョン]ベスト4はポルトガル、スウェーデン、フランス、チェコ。優勝はチェコで準優勝はスウェーデン。

FT Germany 1 - 2 Czech Republic
half-time (1 - 1)

FT Holland 3 - 0 Latvia
half-time (2 - 0)

|

« 『創価学会』 | Main | 愛犬を拭くなら「除菌45ウェットティッシュ」 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

同感です。
昨日はさすがに疲れてしまってライブで見なかったのですが、まさか2軍のチェコに負けるとは・・・。

Posted by: shu | June 24, 2004 at 10:39 AM

TBありがとうございます。
電車の中でもこの試合の情景が浮かんできたのですが、トラップミスが本当に多すぎました。DF陣もベアンスのようにやたらシャツをひっぱるだけの技術もへったくれもないような選手ばかりで情けない。
ドイツは憎まれ役になるぐらいでないとこういった大会は面白くないですよね。
思えば94年にブルガリア、98年にクロアチアあたりに負けたあたりから、もう「らしさ」はなくなっていたのかもしれませんが、今回のドイツは、本当に「何もなかった」ドイツでした。

Posted by: pata | June 24, 2004 at 01:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/830105

Listed below are links to weblogs that reference ドイツは20世紀にサッカー運を使い果たしたのか:

« 『創価学会』 | Main | 愛犬を拭くなら「除菌45ウェットティッシュ」 »