« 『シティ・オブ・グラス Graphic fiction』 | Main | カッサーノの狂喜と悲痛 »

June 22, 2004

"My Life" Bill Clinton

"My Life [CD] " Bill Clinton

クリントンの政治哲学など読みたくはないし、ペーパーバックになったとしても、邦訳されたとしても、よほどキモいことが書いてない限り読むつもりもないが、それより驚いたのが、"My Life"が発売されたと同時に自身が朗読するオーディオCDもin store nowになっていること。Read by the Authorと誇らしく宣伝してんだもんな…。

アメリカ人にとっての読書とは、通勤途中に聞く朗読CDになりつつあるんだな、という悪寒がいよいよ強まってくる。日本人が通勤電車の中で本を読むのとは大違いだ。まあ、声に出して読むことの重要性は否定するつもりはないし(ただし斉藤某みたいな言い方は不愉快だ)、詩人が自分の作品を朗読するなんていうのは、もっとあってもいいと思うが、アメリカの現象には退化を感じる。

それと同時に、モニカ・ルインスキーとのことなんか、よくテメーで朗読できるわな、とあきれかえる。どういう精神構造をしてんだか。まあ、聞くところによると「事件が発覚してからは、しばらく一人寝で過ごした」程度ぐらいらしいが。

My_Life_cd.jpg

|

« 『シティ・オブ・グラス Graphic fiction』 | Main | カッサーノの狂喜と悲痛 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ちょっと話がずれるかもしれませんが、「声を出して読む」
ことについての新聞の投書を最近読みました。
ボイストレーナー(だったかな?それに類するお仕事)の
かたからで、声を出して本を読むのはいいけれど、こどもの
声帯は未発達なのでむやみに声を張りすぎると傷めることが、あります、という内容でした。
科学的に淡々と書かれていたので却って説得力がありました。
どーする、斉藤某?

Posted by: えなめる | June 22, 2004 at 09:22 PM

彼は風当たりが強くなっていますよねぇw

Posted by: pata | June 23, 2004 at 08:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/818722

Listed below are links to weblogs that reference "My Life" Bill Clinton:

« 『シティ・オブ・グラス Graphic fiction』 | Main | カッサーノの狂喜と悲痛 »