« 『ホメずにいられない』 | Main | 『ホメずにいられない2』 »

May 14, 2004

東京B級グルメガイド#34「こづち」

こづち 東京都渋谷区恵比寿1-7-6

 恵比寿のメシ屋。人それぞれに最強のメシ屋があると思うが、個人的にはここが最強。

 お薦めはなんといっても「焼肉定食」。似たようなメニューに「生姜焼き定食」があるが、圧倒的に「焼肉定食」の方がうまい。 ここの「生姜焼き定食」はロース一枚を焼いた(つうか煮た)ものだが、「焼肉定食」はばら肉を煮たもの。一枚肉を使うより、こういったところではバラ肉を使った方が旨いに決まっている。

 学生の頃は、この焼肉定食に卵と納豆、厚揚げなんていうのをいっぺんに平らげていた。あとチャーハンと肉野菜炒めとか。いまはとてもムリだ。

 客層はパワフルな男たち。昼メシ時などは全員、モノもいわずに「わしわし」とどんぶりからメシをかっこみ、味噌汁を飲み、おかずに喰らいついている。ここでメシを喰っているサラリーマン、作業員、店員などを見ていると、「まだ日本も大丈夫なんじゃないのか」と思えるときがある。

 夜なんかも作業服姿のおっちゃんが、席について「酒」と一言。店主が波々とついだ冷を差し出すと、一秒でクーッと飲み干し、コツンとテーブルにコップを下ろした瞬間に「定食」と言ったりするような感じ。
kozuchi1.jpg

 常連の女性客というのはまずみかけない。つかありえない。トロッとろメシを喰ってたら、行列の客からすごい目でみらみつけられてしまう。スポーツ新聞を広げてぬるいお茶をすするみたいな雰囲気のメシ屋さんも悪くはないが、ここではそんな客は生息できない。ゆるぎないハードボイルドな世界をかたちづくっている。
 
 どうよ、この豊富なメニューは。しかも何を喰ってもうまい。それは保証する。

 あまり上品な喰い方ではないので、紹介するのもどうかと思うが、実は、この手のクズ肉をつかった定食や炒め物を頼むと、最後に「肉汁茶漬け」みたいな感じにして食べるのが旨いと思っている。ここの「焼肉定食」の場合でも、出された直後にちょっと醤油をたらしてやると、食べ進むうちに、肉汁が染み出してきて皿にたまる。頃合を見計らって、大切な肉汁を丼に注ぎ込んで残った肉を飾ってやれば、立派な一品だ。こづちの焼肉定食でこさえたそんな丼の味には、そこらあたりのファーストフード店が苦し紛れに始めた豚丼など10年たっても追いつけないほどの旨さがある。

kozuchi2.jpg

|

« 『ホメずにいられない』 | Main | 『ホメずにいられない2』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/591072

Listed below are links to weblogs that reference 東京B級グルメガイド#34「こづち」:

« 『ホメずにいられない』 | Main | 『ホメずにいられない2』 »