« 『監督の日記 '96-'97』ファーガソン | Main | 移籍をめぐる文化の違い:稲本のフラム移籍 »

May 07, 2004

東京B級グルメガイド#27「八雲」

八雲 目黒区上目黒2-24-1 5722-8963
 浜田山「たんたん亭」系のこの店の海老雲呑は絶品。ラーメンというより、海老雲呑を喰いに行きたい。中目黒のややさびれはじめた商店街「目黒銀座」を5-6分歩いたところにある小ていなつくりの店だ。

 最初に行った時には最もオーダーが多い「特製ワンタンメン」を頼むのも可。これは肉ワンタンと海老ワンタンが2個ずつトッピングされたワンタンメンだ。魚介系のスープはあまり得意ではないが、ここのは結構イケる。うまく魚臭さを飛ばしている感じ。

 しかし、やはり今どきのラーメンっ喰いはつけ麺がデフォルト。細麺なので、麺っ喰いには物足りないかもしれないが、やっぱりこっちの方がうまい。

 絶対に驚くのは海老雲呑。これは旨い。こんなに美味しい海老ワンタンは食べたことがないぞ、と最初、激しく動揺したことを思い出す。海老一匹をほぼそのまま使っているみたいだが、どんな下味をつけているのか知りたい。激しく知りたい。キッチリした下味に支えられ、丸ごとつかっているからプリブリ感が損なわれない。素早く、マイベスト海老雲呑に赤丸チャートインしてしまった。以降は大盛り海老ワンタンのつけ麺が標準オーダーとなっている。
yagumo.jpg

|

« 『監督の日記 '96-'97』ファーガソン | Main | 移籍をめぐる文化の違い:稲本のフラム移籍 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/552679

Listed below are links to weblogs that reference 東京B級グルメガイド#27「八雲」:

« 『監督の日記 '96-'97』ファーガソン | Main | 移籍をめぐる文化の違い:稲本のフラム移籍 »