« CL準決勝:さよならラニエリ、さよならデシャン | Main | スポーツ新聞も贔屓のサッカーチームを持ったらどう? »

May 06, 2004

東京B級グルメガイド#26「上野藪」

上野薮蕎麦 台東区上野6-9-16 3831-4728

 薮蕎麦は神田、池之端、並木が御三家と言われているけど、すっかり観光地と化した神田は店が大きくて落ち着けないし、池之端は暗い上に量の少なさは客をバカにしているし(暖かい蕎麦はさすがの味なのだが)、並木も池之端と同じく蒸篭を裏返して出す少なさ。その点、上野藪は味もよければ、御三家のような敷居の高さもない。けっこう量もあるし、お気に入り。

 せいろは650円と、本格店にしては安いし200円プラスで大盛りにしてくれる。前にも書いたけど、スノビズムを感じるような蕎麦屋は苦手。上野薮なんかはちょうどいい感じ。神田まつやに通じるバランス感覚を感じる。たかが蕎麦なんだから、しゃっちょこばらない、みたいな。

 ちゃんと手打ちだそうで、並木みたいな機械打ちではないらしい。蕎麦はやや硬く細目で結構エッジが効いている。色もいい感じで緑がかっている。

 藪系の汁は生返しなので辛口が多いと聞くけど、ここも甘っからい。大衆的な味といわれればそれまでだけど、なんとなく安心して食べられる。
ueno_yabu_1.jpg

 せいろもいいけど、きつねとか暖かい蕎麦でも結構、勝負している。きつね蕎麦などは七味をきかせて食べてほしいとかいってた(七味には、油揚げのカルシウムとビタミンEの吸収力をアップする効果があるそうな)。生ホタテ貝柱入りの「あられそば」、冬場の「かき南蛮」など四季折々のメニューも用意されている。

 店は丸井の路地裏。新しく、中もこぎれい。御影石を床に使っているけど、その効果はないというか、普通の街の蕎麦屋然としている。蕎麦湯の入っている器が銅製で凝っていたりするが、客層もごく普通。

 ある意味、個人的には蕎麦屋のリファレンス。ここが嫌いな人とはお付き合いできない、みたいな。
ueno_yabu_2.jpg

|

« CL準決勝:さよならラニエリ、さよならデシャン | Main | スポーツ新聞も贔屓のサッカーチームを持ったらどう? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/547045

Listed below are links to weblogs that reference 東京B級グルメガイド#26「上野藪」:

« CL準決勝:さよならラニエリ、さよならデシャン | Main | スポーツ新聞も贔屓のサッカーチームを持ったらどう? »