« 「口紅から機関車まで レイモンド・ローウィ展」 | Main | 『Footival 稲本潤一…ロンドンで迎える三度目の春』 »

May 01, 2004

東京B級グルメガイド#24「美國屋」

美國屋 中央区日本橋2-5-11 03-3271-3928 
 時々、鰻を喰いたくなる。もちろん、喜代川や神田川本店もうまいけど(なぜか野田岩は行ったことがない)、高いし、神田川本店なんか時間かかりすぎなので、サラリーマンの昼食には不向き。一番好きなのはどこだ!と問われれば喜(七×3)代川にはなるのだが、日本橋の高島屋のすぐ横にあるという便利さもいいし、割とパッとできるという素早さもいいし、なんといってもタレが旨いというワザもあわせもつ美国屋には時々いく。

 鰻の寝床を3段重ねしたような小さなビルで1階がカウンター、2階と3階が和室というつくり。昼時はギューギュー詰めの状態。昼時のメニューは鰻重の並が1800円、上が2300円、二段になっている「わかれ」が3000円。いずれもきも吸い、お新香付き。お勧めは2300円の上。常連は「真ん中」とか「真ん中のヤツ」といって注文する。
mikuniya2.jpg

 一度だけ、二段になっているのを注文したことがあったが、コストパフォーマンスは2300円のと比べて落ちる(まあ、旨いことは旨いんだが…)。

 なんともタレがおいしい。一度、調子に乗って、じゃんじゃん掛けすぎちゃって、お茶漬け寸前の状態になってしまったことがあったっけ(ちとオーバー)。
mikuniya1.jpg

|

« 「口紅から機関車まで レイモンド・ローウィ展」 | Main | 『Footival 稲本潤一…ロンドンで迎える三度目の春』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

はじめまして
うなぎ屋さん実食レポートサイト「うなぎ大好き」と申します。
美國屋さんつながりでTBさせて頂きました。

Posted by: うなぎ大好き | February 17, 2006 at 02:01 PM

ありがとうございます
サイト、参考になります
Linkさせてください

Posted by: pata | February 18, 2006 at 01:22 PM

pataさん、こんにちは、うなぎ大好きです。
リンク有難うございます。
先ほど、当サイトの「美國屋」のページをアップしました。よろしかったらご覧下さい。

Posted by: うなぎ大好き | February 18, 2006 at 03:48 PM

「美國屋」ってあまり語られることが少ないと思うんですが、いいお店ですよね。書いておられるように、人が絶えないので、早くいただけるのも魅力ですし。個人的には「使える店」だと思っています。

Posted by: pata | February 18, 2006 at 05:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/519413

Listed below are links to weblogs that reference 東京B級グルメガイド#24「美國屋」:

« 「口紅から機関車まで レイモンド・ローウィ展」 | Main | 『Footival 稲本潤一…ロンドンで迎える三度目の春』 »