« 東京B級グルメガイド#3「伊勢廣」 | Main | 東京B級グルメガイド#4「ミスターガーリック」 »

April 08, 2004

『徴候・記憶・外傷』

『徴候・記憶・外傷』中井久夫、みすず書房

 心のうぶ毛(『最終講義』)なんかはもうとっくの昔にすりきれてしまったけど、中井先生の本は、出るたびにまだ胸がときめく。単行本だけでじゃなく、不定期刊の雑誌『治療の聲』が送られてきて、その中に一文を見つけたときも、イヤなことがあった日などは救いとなる。

 酔っ払いながらも最初の方だけ読んで陶然となる。感想などはおいおい。それにしても、『治療の聲』は1年に1冊になるそうな…。

ikenami_ginza_diary.jpg

|

« 東京B級グルメガイド#3「伊勢廣」 | Main | 東京B級グルメガイド#4「ミスターガーリック」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/410745

Listed below are links to weblogs that reference 『徴候・記憶・外傷』:

« 東京B級グルメガイド#3「伊勢廣」 | Main | 東京B級グルメガイド#4「ミスターガーリック」 »