« 東京B級グルメガイド#12「もんじゃ焼き 大木屋」 | Main | 東京B級グルメガイド#13「室町砂場」 »

April 16, 2004

『池波正太郎の食卓』

『池波正太郎の食卓』佐藤隆介
 ぼくはほとんど小説が読めなくなってしまっているので、池波さんの書いたものも、食べものに関するエッセイしか読んだことがない。しかし、池波さんの食べ物に関する文章は、小説の中にもちりばめられているので、ぼくのような忠実ではない読者は難儀をするわけだが、ありがたいことに、世には編集者がいる。

 ちょうど読者が求めているような本を出してくれる。

 この本も、季節の食材をてんぷら近藤の近藤文夫さんが池波さん好みにつくって、それに佐藤という人が文章をつけるという具合。写真班によろしきをえて、全編、よだれものの仕上がりになっている。
ikenami_shokutaku.jpg

 この手の本では、いろいろ異論はあると思うが"私にとっては"『包丁ごよみ』にでてくる豆茶飯がいまもって最高。

      テテオヤ  ソラマメ
 「おはるの父親が、蚕豆のうまいのを持ってくれてな、こいつをちょいと炒りつけ、水に浸けて皮をむいたのを茶飯へ炊き込む。これが豆茶飯よ」(『陽炎の男』)

 とはいいつつも、この本だって帰りの電車を楽しくうっちゃってくれる本であることは間違いない。

|

« 東京B級グルメガイド#12「もんじゃ焼き 大木屋」 | Main | 東京B級グルメガイド#13「室町砂場」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/450365

Listed below are links to weblogs that reference 『池波正太郎の食卓』:

« 東京B級グルメガイド#12「もんじゃ焼き 大木屋」 | Main | 東京B級グルメガイド#13「室町砂場」 »