« この時期の月 | Main | 『SPORTS Year!』No.90 »

April 09, 2004

東京B級グルメガイド#5「エドヤ」

エドヤ 〒106-0045 港区麻布十番2-12-8 3452-2922
1954年から続いている洋食の老舗。昭和モダンの香りがただよう建物もなかなかの雰囲気。ノスタルジックな店構えが麻布十番らしさを感じさせる。十字路にあるので、四角形の一部が斜めにケラれていて、それがそのまま外観になっていて、室内もそのまんまの形。白い壁の外観は女性誌に何回紹介されたことか。昔ながらの帽子&コート掛けが馴染んでいる。とにかく、絵に描いたような小さな洋食屋。

 edoyaという看板もいい。Wine & Restaurantというだけあって一応、赤・白合わせて20種類ぐらいのワインが用意されている。けど、まあ、今となってはこのぐらい揃えても昔ながらの洋食屋だからちょいと珍しいぐらいかな。知り合いのシェフ曰く、洋食屋にはデミグラスソースを喰いに行くということで、本当にその通りだな、と思う。

そのドミグラスソースにコクがなくなってきていると昨今感じる店が多くなってきているのはなぜだろう。舌がおごってきたからだろうか。だったら悲しい。これも友人が言っていたことだが、洋食屋はタンシチューで人気がでる。ここも夜の人気メニューはタンシチュー(3000円もするが)。
edoya_om.JPG

 話のタネに行くのだったら昼だけやってるオムライスなどはいかが?刻んだハムとマッシュルームをケチャップライスにした上から、半熟タマゴをドバッとかけ、さらにドミグラソースという方式はここが元祖か。付け合わせが一夜漬けの菜っ葉、それに福神漬けとラッキョウというのがいかにも、という感じ。けっこうオムレツがスパイシーにつくってあるのが特徴。量は少なめ。麻布十番でオムライスをたっぷり楽しみたいというのなら、、近くでタクシーの運転手さん御用達になっている「大越」のオムライスが1000円と安い。

|

« この時期の月 | Main | 『SPORTS Year!』No.90 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。
まつざきさんの食べ歩き文は唾液分泌度日本一と勝手に思ってる信者でございます。

こういう洋食のお店のドミグラスとかって、継ぎ足し継ぎ足しで作ってるのが普通だと聞いたんですが
家でそれやるのは無謀なんですかね?
なんか菌とか発生するから止めた方がいいよと言われたんですが
家であの味にチャレンジしたい。。。

Posted by: うおたろう | April 11, 2004 at 12:41 PM

いやー、読んでいただいているようで恐縮です。で、アタシも一度、本格的なドミグラスソース作ろうかと思って知り合いのシェフに「フォンドボーに牛肉入れて、赤ワインで煮込んで以外のコツは?」と聞いたことあるのですが、「やめておいた方が吉。美味しい店のドミグラスは小僧とか総動員してつくるもの。市販品も旨くなってるので、それで十分」と諭されまして…。

Posted by: pata | April 11, 2004 at 02:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/417046

Listed below are links to weblogs that reference 東京B級グルメガイド#5「エドヤ」:

« この時期の月 | Main | 『SPORTS Year!』No.90 »