« 『キル・ビル Vol.2』 | Main | 日本代表vsハンガリー戦雑感 »

April 25, 2004

横浜中華街ガイド#2「菜香」

菜香(さいこう) 横浜市中区山下町192 045-664-3155
 前回、秀味園のことを書いたら、「東京じゃないじゃん」「GWに行くから中華街のことを書け」などいろいろご意見いただいたので、やっぱ別にします。

 ということで、菜香は横浜中華街の上品系飲茶。飲茶ブームが起こる前、女手一つで立ち上げた本店から出発し、今ではその息子たちがたくさんの店を持つようになった、中華街ドリームの店。本店は狭いが、息子さんのやってる新館なんかは470席もある(住所、電話は新館のもの)。

 最初に横浜在住の友達(中華街ウォッチャー)に連れていってもらったときには感激した。当時は飲茶のさきがけとして地元の中国人にも評判よかったけど、最近は「進化が遅い」など有名店ならではの批判も聞こえてくる。最近では大珍楼みたいなすべて現地人御用達のモツ大量投入型の強烈系飲茶とか出てきたし。でも、とにかく大ブームだった10年前なんかは、お客さんが待ちすぎちゃうから、注文は最初の1回だけ、みたいな制限さえあったぐらい流行っていたし、実際、旨かった。最初期はその狭い店でおばちゃんが仕切り倒していたけど、息子たちの代になって、ソフト路線というか、オサレ路線に変わっていったと思う。進化が遅いという批判は、ファミリー企業ならではのものかな。
saiko_hasu1.jpg

「豚バラ肉の塩あぶり焼き」1200円など広東の代表的な料理や、「大エビの特製マヨネーズ風味」2400円や「ホタテ貝柱のにんにく蒸し」1800円などの海鮮も悪くない。あんまりコースとか好きじゃないけど、やっぱりファミリー向けには必要なのかもしれない。

お菓子系の甜点心は食べたことないけど、鹹点心(焼売、餃子、包子なんか)はかなり制覇したな。特に好きなのが、蓮の葉ちまき。甘くない中国ちまきの一種なんだけど、もち米に蓮の香りが移って、個人的になんとも情の移る一品。必ずオーダーする。ということで写真は蓮の葉ちまき。

saiko_hasu2.jpg

|

« 『キル・ビル Vol.2』 | Main | 日本代表vsハンガリー戦雑感 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/492118

Listed below are links to weblogs that reference 横浜中華街ガイド#2「菜香」:

« 『キル・ビル Vol.2』 | Main | 日本代表vsハンガリー戦雑感 »