« 日本代表vsハンガリー戦雑感 | Main | 『あなたのために』 »

April 26, 2004

東京B級グルメガイド#19「千ふじ」

千ふじ 中央区銀座1-5-14 3567-8055
GWやお盆休みほど、東京近辺にいるのが楽しいことはない。空気も綺麗だし、人ごみも少ない。ゆったりと散歩ができる。ということで、GW中、お店がやっているかどうかわからないのだれど、チラッとお奨めしたいのが銀座1丁目、激安、檄旨ツアー。うどんの「さか田」、おでんの「よしひろ」、鰻の「ひょうたん屋」、ちょっと道を曲がればカレーの「ニューキャッスル」(2丁目)とここらあたりはマニアックな店が多い。半径30メートルぐらいで、いろんな味の食べ歩きができる。どっかで遅い昼飯を食べたあと、映画でも行って、その後、よしひろで一杯みたいなのも考えられる。

ということで、トップバッターは「千ふじ」。ぼくはあまり素人っぽいのは好きではないのだが、例外的に、ここの店の素人っぽさは許せる。

開店前には「作戦会議中」という札がかけられる。なんとなく素人っぽい。玄関もふぐの飾り物などが置いてあって、楽しげではあるけど素人っぽい。そんなに高い料理は出さないのに皿に凝っていて、益子の作家の高内秀剛さんのものを惜しげもなく使っているところも素人っぽい。箸袋もケナフのを使っていて、ウラに環境にも気を使ってますみたいなことを書いているのも素人っぽい。しかも、オモテは「味」の一文字。素人っぽい。これで、料理が不味ければ個人的には二度と行かない店なのだが、ランチのしらすご飯の清楚な美しさ、美味しさを知ってしまったので通っている。
chifuji_1.JPG

ランチメニューはいろいろあるけど、お薦めはしらすご飯(刺身付き)。1000円。比較的大ぶりの黒い丼に、半分ぐらいのご飯がよそわれていて、その上にしらすが惜しげもなく散らされている。そして、細切りの海苔もたっぷりと。丼の黒、しらすの白、海苔の黒というモノトーンの世界は完璧だ。けっこう塩味のきいてるしらすなので、しょっぱいもの好きのぼくでもお醤油はかけない。

お刺身の他にも、鳥みそ豆腐がなかなか美味しい。味噌汁はアラのアラで出汁をとったものか。なんとも滋味に富む味。夜は今の季節なら、「ふぐ」と「アラ」鍋物も美味しい(アラは、スズキ科の魚で、五島列島から空輸しているとのこと)。あと、フグは天丼なんかもいける。
chifuji.JPG

|

« 日本代表vsハンガリー戦雑感 | Main | 『あなたのために』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/495815

Listed below are links to weblogs that reference 東京B級グルメガイド#19「千ふじ」:

« 日本代表vsハンガリー戦雑感 | Main | 『あなたのために』 »