« CL準決勝:イルレタがゴール前にかけたヴェール | Main | 『青の肖像』 »

April 22, 2004

東京B級グルメガイド#16「たき下」

たき下 港区麻布十番2-1-1 5418-4701

 10年ぐらい前までは同じ六本木でも会社の場所がスウェーデンセンターの近くだったこともあり、今でも昼飯は麻布十番までちょこっと歩いて食べたりする。それにしても、いま、もうあのスウェーデンセンターないんだよ。信じられる?東京は街が変わるのが早すぎる…不味いスモーガスボードを喰わされた思い出…。まあ、それはおいといて、十番にはなんでまあ、あれだけの店が軒を並べるようになったのかはよわからないけど、お店が集まれば競争するようになるし、全体のレベルアップが続くことになるので、客としては嬉しい限り。

その十番で魚を喰うとしたら、お金があれば「かどわき」、そして、比較的最近できたところだけど予算が決まっているなら「たき下」というのが衆目の一致するところ。だけど、かどわきはランチはやってない。ということで、たき下さんには昼中心によくお世話になってます(十番マダムも大挙してやってきます)。魚介類は小名浜港・江名港・西伊豆小川港から直送、野菜は入遠野村からの有機栽培を使っています。地ざかなを備長炭で炭火焼きしてくれるのが旨いのなんの。
takishita.jpg

店はカウンターに8人、テーブルに10人ほど、座敷が8人というほどよい大きさ。ランチは、1000~1800円。焼き魚、煮魚、丼、西京焼きに「よくばりセット」というのが毎日かわる。このよくばりセットは、焼き魚、煮魚、丼、西京焼きなどのうちどれか一品に地ざかなの刺身がつくというもの。季節の魚を提供してくれているので、昨日と今日でランチのメニューが違うこともある。夜はたいして行ってないけどダシの効いた美味しいお汁の中につかったしんじょうとか好きだし、おまかせコースも5000円と超リーズナブル(二人で飲んで食べて1万円って感じ)。

毎朝港から直送の魚を処理して、仕込んで、これだけの安さで提供してくれるのは素晴らしい。備長炭でしっかり焼かれた魚はビシッとした姿を保ちながら、箸を入れるとふっくらした弾力が伝わってくる。内蔵も目も新鮮で旨い!なんといっても皮がうまい!焼き魚には、大量の大根おろしを使うので(特に内蔵とか食べる時)、大根おろしがドーンと小鉢に盛られて付いてくるのがうれしい。小鉢の野菜も「子供の頃に嫌いだったあの味」がちゃんとする。

|

« CL準決勝:イルレタがゴール前にかけたヴェール | Main | 『青の肖像』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

どうもはじめまして。いつも楽しく読ませて頂いております。

たき下とたいめい軒は、はたしてB級グルメか!?という突っ込みはさておき、(笑)これまでに登場した店の多くは実は僕もよく知っている店です。中華三原や牛かつおか田とか。ミスターガーリックはロケーションと店の親父のキャラはC級ですが、味はA級ですね。

自分がよく知る店が実においしそうな文章で彩られているので、その表現力の豊かさに感心するばかりです。

ところで、普段昼食はどのように取られていますか。自分は一人では店に入られない気の小さな男なので、その日の僕の胃の気分がカツ丼でも、連れの「パスタ」や「小粋な和食」の推しの強さに負けることが多いです。
本当は築地市場の場内食堂にひとりずんずんと突き進んで、サッサと食べて帰るような大人に憧れているのですが。

Posted by: ふくはら | April 26, 2004 at 11:19 AM

はじめまして。いつも読んでいただいているとのこと、本当にありがとうございます。

>たき下とたいめい軒は、はたしてB級グルメか!?という突っ込みはさておき、(笑)

一流店の場合は「B級のグルメガイド」と読みくだしてくださいw

>自分がよく知る店が実においしそうな文章で彩られているので、その表現力の豊かさに感心するばかりです。

身に余るお褒めの言葉で恐縮です…。まったく駄文ではございますが、この手のは、某掲示板であと2ヵ月分ぐらいは書きためておりまして、ストックがなくなったら、「今日はこんなのを食べた」みたいな感じにしようかと思っています。掲示板では写真との同期が難しくて、かといって専用のHPを立てるのもなんだと思っていたとろ、Blogを知り、こういう雑文の身の丈にあったメディアだなと重宝している次第です。

>ところで、普段昼食はどのように取られていますか

その日の取材先がだいたい決まっていますので、そうなると「今日はここにいこう」という感じの「決め打ち」が多いです。とはいっても、やっぱり定食、丼、蕎麦、ラーメン、寿司、洋食、カレーというのが多くなりますねぇ。

>本当は築地市場の場内食堂にひとりずんずんと突き進んで、サッサと食べて帰るような大人に憧れているのですが。

ぼくも谷口ジローさんの『孤独のグルメ』の主人公みたいなのに憧れているんです。築地は年末とか買いだしに行ってたときには、場内の食堂をよく利用したのですが、最近はご無沙汰ですね。

美味しい店、お勧めの店とかありましたら、ぜひ、教えてください。お願いします!

Posted by: pata | April 26, 2004 at 03:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/476180

Listed below are links to weblogs that reference 東京B級グルメガイド#16「たき下」:

« CL準決勝:イルレタがゴール前にかけたヴェール | Main | 『青の肖像』 »