« 『バスクとバスク人』 | Main | CL準決勝:クラウディオの錯乱 »

April 20, 2004

東京B級グルメガイド#15「王ろじ」

王ろじ 新宿区新宿3-17-21 3352-1037

そろそろビジュアル的にインパクトのあるところを紹介したいということで、思いついたのがここ。どうです。このカツカレー。屹立したとんかつが素晴らしいでしょ?

元はといえば、というより元々この店はとんかつ屋。皿の部分とスープカップが一体となった特性の容器にご飯が盛られ、そこにカレーがかけられ、さらには三つに切れられた棒状のとんかつが三角形に立っている。カツの上にはソースがかかってて、カレーとまざりあった部分のうっとり感などはB級グルメここに極まれり、という感じ。

場所は新宿東口。伊勢丹の手前の路地を左折したところ。店名は「路地裏の王様に」ということで付けられたとのこと。創業大正10年という老舗。店内は、カウンターに4人がけ+2人がけのテーブルをあわせても20席ほどとあまり広くはない。内装も古いとんかつ屋さんそのものといった雰囲気。

ouroji.JPG

ちなみに、この店ではトン丼と呼んでいる。メニューに「かつカレー」はない。 カツの衣がやや固いかもしれない。脇に控える漬物「王ろじ漬」もたまねぎベースで、ちょっと辛く、カレーにはいまひとつ合わない気もする。漬物はトンカツセット(トンカツにトン汁とご飯、王ろじ漬が付いて1650円)に合わせた味なのかもしれないが、やっぱり福神漬け系が欲しい。

カレーもあまりスパイシーさは感じられず、物足りないかも。でも、一度、創業100年の味と「トン丼」の姿を見に行く価値はある。

|

« 『バスクとバスク人』 | Main | CL準決勝:クラウディオの錯乱 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

従業員の質が低い。
先日実に不愉快な思いをした。
小生の後から注文した人の小生と同じ料理が配られるのは、人間
であるので間違えることはしょうがない。
しかしそれに気づいても、また小生とその後
目が合っても謝罪せず、しかもそれについてニヤニヤ笑っている。
席を立とうとすると、今すぐ持ってくるので待て、の一点張り。
支払い時には心の全くこもっていない謝罪の言葉を聞きながら
店を後にした。

Posted by: 貧ろじ | May 17, 2004 at 01:19 PM

いやー、そういうことってありますよね、たしかに。接客悪いと味の評価も3割減になりますね。

Posted by: pata | June 16, 2004 at 12:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/467740

Listed below are links to weblogs that reference 東京B級グルメガイド#15「王ろじ」:

« 『バスクとバスク人』 | Main | CL準決勝:クラウディオの錯乱 »