« 『人はなぜ酒を飲むのか』 | Main | 『統合失調症―精神分裂病を解く』 »

March 19, 2004

神田B級グルメガイド「まんてん」

まんてん
そういうわけで(どういうわけだw)けっこう神田の古本屋街には通いました。個人的に思っていることですが、秋葉から水道橋にかけてはけっこうB級グルメをうならせる店が多いんじゃないかと思う。いくつか紹介していきたい。

まんてん 千代田区神田神保町1-54 (3291)3274

神田の古本屋街を歩き回った後「ハラへったな」と思ったら入る店。白山通り東側で奥野かるた店正面の路地を入ったところ、と書いても、古書店マニアにしかわからないかもしれないが、一本入るだけで「ん?なんで、こんなところに喰い物屋が集中しているの」と不思議に思うような路地が出現する。ここの店自体、同じ店名「まんてん」ということでカレー屋さんとカツ屋さんが並んでいるし、向かいがそば屋、手前にタイ料理屋、少し先にすし屋がある昼飯横町が展開されている。人によっては、この時点で異次元空間の予感にクラクラっとくるかもしれない。
manten.jpg

一見、いわゆる大衆カレー屋さんで、昔ながらの引き戸のガラス越しに見える店内も学生客のほか、地元の商店主やサラリーマンが多い。そうした中、腰の低いオジサンが客にはやさしく、従業員には厳しく、テキパキと仕事をこなしている。
真中の厨房をグルリと囲む16席のカウンターに座ってカレーを注文すると、いきなり出てくるのがお冷やのコップに突っ込まれたスプーン。いきなりの仕打ちに、この時点で打ちのめされる人も少なくないだろう。さらにカウンターのをみわたせば、巨大なタッパーに盛られた真っ赤な福神漬けと辛さ調整のためのカレー粉も見えてくる。しかも、なんていうか、すべてが昭和30年代風。こうした小道具が初めて訪れた客をたちまちタイムスリップに巻き込む。
しかし、単に昔風にやってるわけじゃないと自己主張するのが、デミタスカップに入ったアイスコーヒー。最初にお水と一緒にくれるんですね。嬉しいじゃありませんか。微糖という言葉が生まれる昔から甘さ控えめのアイスコーヒーはここの名物。カレーを食べ終えた後、デミタスカップでキュッと飲み干せば、「食事をした」という満足感が拡がってきます。
このデミタスカップのアイスコーヒーを飲むたびに、飲食店というのはサービス業なんだなと思う。つまり、サービスは自由なんですよ。店主はどんなサービスをしてもいいんです。アイデア次第。そして、考え抜いたサービスがお客さんに受け入れられたとき、何十年という蜜月が約束されるんですね。そうしたコンセプトがこの「まんてん」を単なる学生向けのカレー屋さんから、小粋なプロレタリアートの店へと昇華させているんだと思います。ちなみに店主は民主商工会に所属しているらしく、共産党のポスターなんかが店の横に誇らしげに掲げてあるのもイイ感じ。「そうか、ここのオヤジは民商なのか」と。なんかいじらしい。ちなみに、知る人は知っている、讃岐うどんの銘店「池上」のおばちゃんも民商のヒトだったのを昨年春、巡礼に行って確認したことがある。
カレールーはたったひとつだけ。信じられないほど濃度のあるドロドロ系のキーマ・カレー。いいカンジに片栗粉の入ったカレーは、はっきり言ってすごいB級グルメだが、このジャンキーな味は変に癖になる。一番人気は550円のカツカレー。しかも、一人前=カツ一枚と安直に提供しないのがこの店の凄いところ。揚げたての一枚をまずカットした後、2~3切れ分を追加して横長の皿の上にぴったりと並べる。肉は決して良質ではないが、注文を受けてから揚げてくれるのがプロレタリアートの心意気。衣はサックリ、中はやわらかな仕上がだ。そして、なんとカレーも2段重ね。つまり、まずライスの上にカレーソースをかけ、その上に前述のような形でカツをのせ、ささらに上からカレーソースをかけてくれるという念の入れよう。カツカレーはとんかつソースをかけていただこう。カツやコロッケなどのほか、トッピングにシューマイがあるのも笑う。
「まんてん」の店主はカレー専門店なんて概念はハナッから考えの外に置いていたんだと思う。だいたい、インドに行けば、バラモンだろうがバイシャだろうが皆んなカレーを食べているだろうし(よくしらんが)、東京で専門店づらして勉強してもしゃあないと思ったに違いない。で、自分で考えて、いろいろやってるんだと思う。

|

« 『人はなぜ酒を飲むのか』 | Main | 『統合失調症―精神分裂病を解く』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/323021

Listed below are links to weblogs that reference 神田B級グルメガイド「まんてん」:

« 『人はなぜ酒を飲むのか』 | Main | 『統合失調症―精神分裂病を解く』 »