« 神田B級グルメガイド4「松翁」 | Main | 神田B級グルメガイド5「三春」 »

March 21, 2004

『陶淵明 中国詩人選集』

『陶淵明 中国詩人選集』一海知義註
 一海知義さんの註がついた『中国詩人選集』は、高校生の頃からの枕元の書。東洋に生まれて良かったと思うことのひとつは、漢詩をすこしばかりは理解できることだと個人的には思っている。よく理解もせずに陶淵明が好きだとかいうのも恥ずかしいことなのかもしれないが、読み下しているだけで、なんとなくわかるような感じがするというだけでも、得がたいことかもしれないと自分を納得させている。特に好きなのは、「飲酒」の序。

余閑居歓寡、兼比夜已長  余れ閑居して歓び寡く、兼るに比ろ夜已に長し
偶々有名酒、無夕不飲   偶たま名酒有れば、夕べとして飲まざる無し
顧影独尽、忽焉復酔    影を顧みて独り尽くし、忽焉として復た酔う
既酔之後、輒数句題自娯  既に酔いし後には、輒に数句を題して自ら娯しむ
紙墨遂多、辞無詮次    紙墨遂くて多く、辞に詮次無きも
聊命故人書之、以為歓笑爾 聊か故人に命じて之れを書せしめ、以って歓笑と為さんのみ

 しみじみいいな、と思う。

 しかし、解釈というのは恐ろしいわけで、ずっと一海知義さんの註で覚えていたものだから、例えば大好きな十五にしても

若不委窮達  若(も)し窮達に委ねばんば
素抱深可惜  素抱 深く惜むべし

 というのが、「若し窮達(困窮と栄達)をすてずんば、素抱深く惜しむべし」という読み下し方もあるということを読んで、「うーむ」と唸ることもあったりして。

|

« 神田B級グルメガイド4「松翁」 | Main | 神田B級グルメガイド5「三春」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/333955

Listed below are links to weblogs that reference 『陶淵明 中国詩人選集』:

« 神田B級グルメガイド4「松翁」 | Main | 神田B級グルメガイド5「三春」 »